GDC 2018 Day 1

-Sponsored-

f:id:taccho:20180716145839j:plain

今週は GDC / VRDC 2018 にきています。主にVR/AR系の話を沢山聞けたらいいなって思いながらワクワクしています。毎日簡単ではありますが、メモを残しておこうと思います。

GOOGLE DEVELOPER DAY: KEYNOTE

GDC 2018 での最初のセッションは Google Developer Day: Keynote (Presented by Google) です。Google は3部か4部ぐらいの構成のスポンサーキーノートセッションを行なっており、相当力を入れているんだなという印象です。

最初のお話は、主に「Google Play」について。Instant app の紹介がメインでした。率直にアプリをインストールせずに試せるっていいですね。5Gも、そろそろ来ることなので、ダウンロードが衰退して行く未来も少しだけ見えてきたような気がするような、しないような。

The Art of VR Microtalks

次は、Google のセッションも聞きたかったのですが、役割分担で The Art of VR Microtalks に行きました。ここでは

  • Ashley Pinnick (Technical Artist, Google)
  • Terence Tolman (Concept Artist + 3D Generalist, Against Gravity)
  • Angela Haddad (VR Creative Director, One Third Blue)
  • Charity Everett (Augmented Reality Artist, Go Back Fetch It)
  • Carrie Witt (Art Director/Senior Artist, Owlchemy Labs)
  • Alex Abou Karam (Game Designer, Independent)

という6人のアーティストがLTみたいな感じで自分のプロジェクトを紹介していました。

The Magic Behind 'Joshua Bell VR

お昼を挟んで、The Magic Behind 'Joshua Bell VR': Immersive Video with Positional Tracking  を見てきました。

Automatic VR Previsualization from Natural Language Scripts

次は Disney Research のよる研究プロジェクト Automatic VR Previsualization from Natural Language Scripts を見てきました。面白かったので記事を書いています。

記事:ディズニーが挑む 脚本からVRアニメを自動生成【GDC2018】

Building Apps Beyond Room-Scale

次は Untethered: Building Apps Beyond Room-Scale です。

The 'Rec Room' Approach to Community VR

次は Room for Everyone: The 'Rec Room' Approach to Community VR です。

Co-op for Humanity: Collaborative Virtual Reality for Astronaut Training

最後は、 Co-op for Humanity: Collaborative Virtual Reality for Astronaut Training です。

 

いやあ、初日から飛ばしすぎた。それぞれについて記事を書いているので、書き終わったら貼りたいと思います。