変人力

Wordpress から引っ越してきて、写真がなかったりしますが、悪しからず

全米で開催される名物ハッカソン『メジャー・リーグ・ハッキング』

-Sponsored-

アメリカに留学して半年が経過しました。本日は僕も何度も参加している、名物ハッカソン『メジャー・リーグ・ハッキング』についてご紹介したいと思います。

『メジャー・リーグ・ハッキング』とは?

『メジャー・リーグ・ハッキング』とは年間約20回程度、カナダを含む全米のいたるところで開催されているハッカソンです。 Google、Microsoft、Amazon、Facebookと言った一流企業がスポンサーに名を連ね盛大に開催されることが大きな特徴です。(スポンサーは開催される地区ごとに異なります)

ハッカソンと言えば、ひたすらプロダクトを開発するだけのような印象を受けるかもしれませんが、ここではダイレクトリクルーティング活動が大会そっちのけで行われていたり、アミューズメント要素も組み込まれています。

大きな街で開催される『メジャー・リーグ・ハッキング』はスポンサーも豪華なことが多く、国境を超えて沢山の人が集まります。僕が今まで参加した中で一番大きかったのはシアトルのワシントン大学が会場の回でしたが、トロント・サンフランシスコ・ブラジルなどから来ている人もいました。

開会式・お題発表(PM4:00)

f:id:taccho:20180124042148j:plain

夕方4時ごろに300人近い人々が会場に集まり、まずは開会式・テーマ発表が行われます。テーマは「人々の生活を良くするためのアプリ」というざっくりしたテーマ。

f:id:taccho:20180124042138j:plain

開会式では基調講演も行われました。この方はゴールドスポンサーであるマイクロソフトに勤務する、聾耳の女性。生まれてから音を一度も聞いたことがないにも関わらず、第二言語である英語でスピーチを行っていました。

セミナー

f:id:taccho:20180124042246j:plain

またこれが終わると、希望制のセミナーが行われます。マイクロソフトのエバンジェリストからCognitive Servicesのハンズオンが行われます。ここでは僕もTAとしてお手伝いさせていただきました。

ハッカソンスタート

ハッカソンが始まると、すぐに開発に望まずにホールに集結します。ここではAzureやAWS、Google Cloudの利用パスであったり、スポンサー企業からのノベルティが配布されていました。またほとんどの企業はリクルーターも来ており、レジメの提出と簡単なインタビューも行われます。

f:id:taccho:20180124042143j:plain

メンタリングや、プロダクトに関する質問も、非常にラフな感じで行うことができます。

f:id:taccho:20180124042327j:plain

マイクロソフトのチーム

f:id:taccho:20180124042159j:plain

シアトルにあるワシントン大学で開催された回はマイクロソフトがゴールドスポンサーでした。ゴールドスポンサーになった企業がそのハッカソンの主権を握るとのことw

マイクロソフトから20名ものスタッフが送り込まれ、クラウドプラットホームであるMicosoft Azure の啓蒙活動やリクルーティングを行いつつ、大会をサポートします。

f:id:taccho:20180124042227j:plain

戦利品

アメリカらしく、山ほどノベルティを用意しており、大量の企業グッツを手にすることができました。 その一部を紹介します。こちらはMSとFacebookのステッカー。どちらもあまり見かけない種類のもので、テンションが上がりました。

f:id:taccho:20180124042205j:plain

こちらはDisney Technologyからの差し入れであるミッキーの形をしたお菓子。

f:id:taccho:20180124042257j:plain

Disney Technologyの皆さん、とても素晴らしい方ばかりでした。

 

生きて行くのに必要な栄養素が全て含まれるという完全食であるSoulentも大量に支給されます。全種類制覇!

f:id:taccho:20180124042117j:plain

深夜まで続く開発・・・

リクルーティングやノベルティだけではありません。もちろん20時間以上をかけてプロダクト開発も行います。優勝を目指して開発、開発、開発・・・・

f:id:taccho:20180124054308j:plain

午前0時にはドーナッツの差し入れが。ドーナッツ配給車(抽象ドーナッツカー)が到着したアナウンスと共に参加者はパソコンを捨て、車の元へ走ります。

f:id:taccho:20180124042052j:plain

眠くなってくる午前2時には踊りだす人も!また午前4時には「紙飛行機遠くに飛ばす選手権」が開催されました。

午前2時。あまりに眠すぎて踊り出す人達。

朝8時には朝食前の軽いアクティビティとして、「コップを高く積む選手権」が。

f:id:taccho:20180124054342j:plain

そして翌日午後4時にプロダクトを提出し、審査が行われます。

結果発表・閉会式(6:00)

f:id:taccho:20180124042154j:plain

いよいよ結果発表。優勝・準優勝などの他に各企業賞など、沢山の賞がありました。僕は3回参加(1回はスタッフ、2回は選手として)まだ1度も賞をもらったことはありません。

そして明日授業があるなんて憂鬱だと言いながら、参加者は帰路につきます。エンジニア志望のUSにいる学生の方は是非参加して見てください。それでは!