変人力

Wordpress から引っ越してきて、写真がなかったりしますが、悪しからず

ヨーロッパを格安で旅行できるFlixBus(フリックスバス)の注意点

-Sponsored-

[adchord]

費用をなるべく抑えつつ、沢山のヨーロッパ都市を回りたいという方にお勧めなのがFlixbusです。Flixbusを利用するとヨーロッパ中の全ての主要都市に安価でアクセスする事ができます。時期によっては破格の料金設定も!!

そんなフリッスバスを使う際の注意点を上げたいと思います。

予約の際には決済方法に注意

FlixBusの予約はインターネットで簡単に行う事ができます。出発地、目的地、日にちを入力して、自分のいい時間を予約するだけです。

ただ1点だけ。支払いに関しては注意が必要です。

日本のクレジットを使用している場合、決済が弾かれてしまう場合があります。

弾かれてしまった場合はPayPalを利用すると決済ができるので、そちらを利用して見てください。

また予約の際、手荷物の追加などといった画面がありますが、飛行機と違いユルユルなので、申請しなくても行けちゃったりします。

席は入り口付近に落とし穴

席は全席自由席です。多くのバスは2階建で、1階よりも2階の方が若干広く作られているようでした。

入り口は運転席の隣と、バス中央部に設置されていますが、この付近の席には注意が必要です。

この付近の席は他の席よりも広く設計されており、一見良さようにも見えるのですが、途中のパーキングエリアではドアが開けっ放しになってしまうため、相当寒いです。

また走行中にドアから若干風が漏れてくるので、ずっと寒さに晒される事になります。特に冬は入り口付近に座るのは注意が必要です。

Wifiは期待できない

全車両Wifiがついてると謳っていますが、真っ赤な嘘です。

車両によってはwifiは設置されていませんし、設置されていてもかなり弱いです。

またWifiには利用制限があり、重い通信をしてしまうと、しばらくの間利用する事ができません。

休憩時間に注意

これは僕の友人のエピソードですが、パーキングエリアで友人が運転手に「あと何分で出発するのか?」と尋ねたところ、「15分」と回答したので、10分後に戻って来たところ、バスは既に発車していたといった事があったそうです。

ここまで酷いことは少ないですが、やはり日本の時間の感覚と比べるとかなりルーズです。

どんな事が起きても大丈夫なように、注意を払いながら行動することをお勧めします。

最後に

とまぁ、フリックスバスの悪口を沢山書いて来ましたが、かなりお得に旅ができるサービスなので、注意を払った上で使って見てくださいね。