変人力

シアトル留学中大学生のブログ #ほぼ観光日記

【Progate vs PyQ】徹底比較!初心者がプログラミングに入門するならどっち?

f:id:taccho:20170913184322p:plain

はじめに

 プログラミング学び方は様々な方法がありますが、1番手軽に始められるのはWebブラウザ上で学べるProgateやPyQ 等のサービスではないかと思います。僕もプログラミングを始めたときに、この両方のサービスを利用させていだたきました。ここでは、この2つのサービスの比較を行いたいと思います。

サービスおさらい

Progate

f:id:taccho:20170913184129p:plain

 Progeteは「初心者でも、独学できるレッスンを」というコンセプトのもと、実践的でわかりやすいレッスンを提供しているオンラインサービスです。HTML, CSS, JavaScript, jQuery, Ruby, Ruby on Rails, PHP, Java, Python, Swift, Command Line, Git, SQLが学べるなど沢山のコースがあるのが特徴ですが、ほとんどの言語はさわり程度で本格的に学べるのはRuby on Railsだけです。

PyQ

f:id:taccho:20170913184520p:plain

PyQ(パイキュー)はプログラミング初心者にも優しく、また実務的なプログラミングを段階的に学べることを目指し、開発されたサービスです。 Progeteと違う点はPythonという言語に特化している点です。

共通点を整理

対象は初学者

 この2つのサービスの共通点では、まず初学者を対象としている点がまず挙げられます。どちらのサービスもプログラムやったことがない人でも理解しやすいように設計されています。

ブラウザ上で学べる

 インターネットの環境とパソコン以外準備するものはいりません。会員登録を済ませればすぐに始められます。

手を動かしながら学べる 

 レッスンは実際にコードを書き、正解ならば次のレッスンに進み、間違っていたら解説を見ながら書き直すという形式で進められます。

Progate vs PyQ

値段

値段は2サービスとも月額制。Progateは無料会員であっても多くのサービスが利用でき、全コースが利用できる有料会員が月額980円です。

 一方PyQは個人向け料金プランのライトが2,980円、スタンダード7,980円、メンター29,980円、プレミアム98,000円となっています。Progateと比べると割高ですが、その分料金が上がるごとにサポートが付くようです。

f:id:taccho:20170913173134p:plainPyQ料金設定

わかりやすさ

 Progateの教材はイラストなどが多く、直感的に仕組みが理解できるように構成されています。

 一方、PyQは実践を意識し、公式ドキュメントをしっかり読むことに重きを置いているのではないかという印象を受けました。学習を終えて実践に入ると、プログラミング学習サービスで習ったことだけではなく、多くの知識を自分で得ることを要求されます。そのときにトキュメント等をしっかり読む癖をつけておくのは非常に有益なのかなと思いました。(ちょっと話が変わってすみません)

言語

即効性のあるRuby on Rails

 Progateで学べるRailsですが、初心者向けクラウドソーシング案件数やベンチャー企業の募集等ではPythonを上回っているのではないかと思います。Pythonの案件も非常に増えていますが、上級者向けが多いのではないかという印象です。従ってプログラミングを勉強して、すぐマネタイズに繋がるのがRailsではないのかと筆者は感じています。

 しかしRubyはグローバルに見ると、勢いのない言語であり、僕がいるアメリカでは、ほとんど使っている人を見ることはありません。日本国内で広く使われているからと言って、安心してRailsだけをやっていると、どんどん仕事が少なくなってくるかもしれません。

将来性を感じるPython

 クラウドワークス等の初心者向けの案件は少ないものの、今一番伸びている言語は間違いなくPythonです。PythonはWebだけではなく、今一番流行りのデータ解析、機械学習にも使うことができます。将来どんなスキルを持った人が市場価値が高いかは、予想ができませんが、社会情勢的にPythonを使ってデータ等を扱える人材が市場価値が高いという見解が多く見られます。

効果

概念を理解しやすいProgete

  イラスト等で解説しているので、プログラミングの概念を理解するのにProgateは一番適してるかなという印象です。

メキメキと開発力が付くPyQ

 400問を超える問題をこなすことで、終わったときに確かな開発力が身についているのを実感できるはずです!

まとめ

 ProgateとPyQにはそれぞれの良さがあり、自分のニーズに合わせた教材選択をしていくことが重要なのかなと思います。

個人的には

-ちょっとプログラムに触れて見たいならProgete

-バリバリ開発できるようになりたいならPyQ(パイキュー)

をお勧めしています。それでは今日はこの辺で。