変人力

シアトル留学中大学生のブログ

TeleBeauty を体験してきた

f:id:taccho:20170928145642p:plain

『働き方改革』が叫ばれる今、多くの企業がこぞって社内規則改革や、『働き方改革』のための新しい技術の開発等を行っています。日本マイクロソフトと資生堂が共同で開発した"TeleBeauty"もその一つ。

最先端のテクノロジーを提供するマイクロソフトと、化粧品メーカーとして世界第5位の規模を誇る資生堂がタッグを組んで何をしようとしているのか?試験運用中のアプリを体験してきました。

TeleBeautyとは?

161007_telebeauty

 TeleBeautyとはSkype等のオンライン会議で通信中の画面に表示される顔に自動でメークや顔色補正を行うアプリです。Sykpe for Business に組み込むために日本マイクロソフトと資生堂によって開発が進められています。

 最近、在宅勤務が様々な企業で広がっていますが、在宅勤務中にはテレビ会議がつきもの。またグローバル企業で働いていらっしゃる方は早朝や深夜などに海外とのテレビ会議があることを珍しくないです。

 そこでTeleBeautyを利用すると、ノーメイクでも、メイクをしたのと同じような状態でテレビ会議を行うことができるのです。メイクの現時点では数種類から選ぶことができるので、自分の好みの印象に仕上げることが可能だという優れもの。

 

f:id:taccho:20170928144724p:plain

写真:日本マイクロソフトニュースセンター

さらになんと、自宅の部屋でテレビ会議を行うことを想定して、背景にモザイクをかけることまでできるようになっています!この機能は男性であっても嬉しいのではないでしょうか。部屋干ししている洗濯物を見られて醜態を晒すこともなくなります。

実際に体験してみた!

 現時点でTeleBeauty は外部向けに公開されていませんが、日本マイクロソフト品川オフィスにて期間限定で体験コーナーを設置しており、運よく体験することができました。

f:id:taccho:20171008084953j:plain

TeleBeauty体験ブース

 Slypeミーティング入る前に、化粧のタイプを選択します。

f:id:taccho:20171008090109j:plain

 メイクの設定が終わったら、次は背景のぼかしの設定。主な設定はこの2つだけで、すぐに会議を始めることができます。

f:id:taccho:20171008085012j:plain

  会議中の画面はこちら。もちろんノーメイクの僕ですが、バッチリメイクされた姿が相手の画面に映し出されています。

f:id:taccho:20171008085006j:plain

会議中の様子

 

ツールは揃ってきた!あとは文化の改善を!

 TeleBeautyをはじめとする、『働き方改革』を手助けするツールはたくさん登場してきました。Microsoft 以外でもFacebookからは、VRと自分の顔を真似たアバターを使って、空間を共有して会議をしているように感じるソリューションが出てきましたし、Google やLine などの企業からも数多くのプロダクトを出しています。

f:id:taccho:20171008081345j:plain

Facebook が発表したVRを利用したテレビ会議

 そこで次なる課題はデジタルツールであったり、あるいはデジタル以外でも、柔軟な働き方を支援するような制度等を、受け入れる文化を作ることだなと強く感じます。

 せっかくテクノロジがあってもそれが活かされないことには価値を生みません。これらのツールを活用することで、全ての人にとって働きやすい世の中に近づいていってほしいですね。